胃カメラ検査│東日本橋で病院・内科・外科をお探しの方は久松町まつうらクリニックまで

診療時間

アクセス

診療時間
10:00~13:00
15:00~18:00

:第2、第4日曜
休診日:木曜・土曜午後・第1、第3、第5日曜・祝日

GASTROSCOPY胃カメラ検査

Q&Afrequently asked questions

東日本橋・久松町まつうらクリニック・Q&A 胃カメラ検査に関する、よくあるご質問にご回答いたします。
気になることやご質問があれば、どうぞお問い合わせください。
Q痛みや自覚症状がない場合でも、胃カメラ検査を受けた方がいいでしょうか。
Aはい、症状がなくても定期的な検査をおすすめします。
痛みや自覚症状がない場合でも、がんなどの異常が発生し、悪化・進行しているケースがあります。
Q胃カメラは、どれくらいの頻度で受けたほうがいいでしょうか。
A胃がん検診の場合、50歳以上の方を対象として2年に1回の検査が現在勧められています。
ただし、何らかの自覚症状がある場合には、年齢に関わらず積極的な検査を受けるようにしてください。
Q風邪を引いているのですが、胃カメラ検査を受けることができますか?
A体調の良いときに検査を受けることをお勧めします。
特に鎮静剤を使用した場合、検査中に咳がでると、ムセ込むことが多く、呼吸状態が不安定になることがあります。咳が出ている場合には、鎮静剤の使用はお勧めしません。
Q妊娠中や授乳中でも、胃カメラ検査を受けてもいいですか?
A妊娠中または妊娠の可能性のある方は、母子への刺激となるためできる限りお控えください。
授乳中の方が胃カメラ検査を受診することは可能ですが、鎮静剤などの薬剤によって乳児への影響が出る可能性があるため、検査後一定時間は授乳できません。授乳中止期間は使用する薬剤により異なります。
Q朝の起床後、何も食べないで来院・受診したら、当日に胃カメラを受けられますか?
A当院では原則、事前予約制となります。
ただし、症状によっては当日に検査を行なう場合がございます。まずは診察時にご相談ください。
Q胃カメラと大腸カメラは、同じ日に受けることができますか?
Aはい、同時に受けることは可能です。
ただし、大腸カメラは前処置薬の事前服用が必要になりますので、大腸カメラ検査のご予約が前提となります。
Q胃カメラ検査をすることで、他人の病気が感染することはありませんか?
Aその心配はありません。
当院は、ガイドラインを遵守し、1症例毎に充分な洗浄・消毒を行っています。検査に使用される処置具(組織を採取するときなどに使用する機具)に関しても、使い捨て製品や、高圧蒸気滅菌したものを使用して おります。どうぞ安心して検査をお受け下さい。
Qモニター画像を見ながら胃カメラ検査を受けることはできますか?
Aはい、検査中に画像を御覧いただくことが可能です。当院では受診者用のモニターをご用意しています。
一方で、鎮静剤を使用する場合には、検査中はほぼ眠った状態のため、画像を見ることはできません。
いずれの場合も検査後に、撮影した内視鏡画像を一緒にご覧いただきながら、分かりやすくご説明します。
Q胃カメラは鼻からもやっていますか?
A行っています。鼻からの胃カメラなら、オエッとなりづらくおすすめです。時々鼻が狭くてカメラが通らない方がいらっしゃいますので、その際は口からの胃カメラ検査となります。
Q胃カメラは鎮静剤を使って眠ってできますか?
A可能です。鼻からのカメラは眠らなくてもあまり苦しくありませんが、希望される方には注射による鎮静剤で眠って行うこともできます。 鎮静剤を使った方は車やバイクなどの運転をして帰ることができません。
Q鎮静剤を使用するリスクはありませんか?
A必要最小限の薬の量で、安全に検査を行うことができるよう、対処・対応しております。
患者さんお一人お一人の性別・体重・年齢や身体状況に合わせて、薬の量を調整しております。
万が一、アレルギーなどの副作用に対してもすぐに対応できるよう、検査中は全身状態を把握するモニターをつけております。
Q胃カメラ検査の後、車の運転は出来ますか?
A鎮静剤の使用、不使用にかかわらず、検査当日の運転は控えてください。
特に、鎮静剤を使用した場合は、検査当日に自分で運転をする乗り物(自動車、バイク、自転車等)に乗ることはできません。公共交通機関またはご家族の送迎でご来院ください。
※鎮静剤使用の場合、検査後に目が覚めるまで処置室で休んでいただきますが、鎮静剤の影響が残りますので、当日は車の運転は絶対に止めてください。