胃カメラ検査│東日本橋で病院・内科・外科をお探しの方は久松町まつうらクリニックまで

診療時間

アクセス

診療時間
10:00~13:00
15:00~18:00

:第2、第4日曜
休診日:木曜・土曜午後・第1、第3、第5日曜・祝日

GASTROSCOPY胃カメラ検査

  1. 逆流性食道炎とは

    東日本橋・久松町まつうらクリニック・逆流性食道炎とは
    胃液や胃液と混ざり合った食べ物が食道に逆流する病気です。強い酸性の胃液が食道に逆流することで、食道の粘膜がただれて炎症を起こした状態です。

    最近では、逆流性食道炎は、シニア層だけではなく、若年層にも起こりやすくなっています。

    本来、食道の蠕動運動(食べ物を胃へ流す筋肉活動)によって、胃からの逆流物を押し戻すことができますが、この機能が正常に働かなくなると、強い酸性の胃液に食道の粘膜が長時間さらされることになります。
    胃の粘膜とは異なり、食道の粘膜には胃酸の刺激から守る作用がないため、粘膜が炎症を起こし、逆流性食道炎を発症します。
    【逆流性食道炎の主な症状】

    胸やけ・・・みぞおちから胸の下にかけて、焼ける、しみるような感じ
    呑酸・・・ゲップとともに、酸っぱい・苦いものが上がってくる
    胸の痛み・・・胸が締め付けられるような痛みが起こる
    喉の違和感・・・飲み込みにくさ、つかえる感じ
    咳や声のかすれ・・・しつこい咳がつづく、声がかすれる

  1. 逆流性食道炎の原因

    東日本橋・久松町まつうらクリニック・逆流性食道炎の原因
    逆流性食道炎の一因として、食道と胃のつなぎ目にある「下部食道括約筋」の筋力の低下が挙げられます。この筋肉は、ものを飲み込む時以外はしっかりと閉じていますが、緩んでしまうと胃酸や胃の内容物が食道に逆流しやすくなります。

    「下部食道括約筋」の力が弱くなる理由としては、加齢による機能低下だけではなく、胃酸がより多く分泌される脂肪分の多い食事や暴飲暴食、不規則な食事時間などが該当します。また、ストレスや、飲酒やタバコなども食道の働きを弱めることから、逆流性食道炎のリスクを高めます。

    また、妊娠中、肥満、便秘などの方は、胃をはじめとした内臓に常に圧力(腹圧)がかかっていることで、胃酸が上がってきやすくなります。 その他、横隔膜を通過する部分の食道の靱帯や筋肉がゆるむ食道裂孔ヘルニアの場合にも逆流が起こり、高い確率で逆流性食道炎を起こします。
    【胃酸の逆流が起こる理由】 食道と胃のつなぎ目にある下部食道括約筋の
    筋力が低下し緩んでしまうことで、
    胃酸や胃の内容物の食道への逆流が起こります。 東日本橋・久松町まつうらクリニック・胃酸の逆流が起こる理由
  1. 逆流性食道炎の検査

    東日本橋・久松町まつうらクリニック・逆流性食道炎の検査
    胃カメラ(内視鏡)によって食道の粘膜の状態を直接観察することで、炎症の有無やレベル(ただれ具合)を的確に診断・把握します。

    食道が白く、または赤く変色する「色調変化型」と、さらに進行した「潰瘍・びらん型」に分かれます。 胃カメラ(内視鏡)検査により、症状・程度を的確に診断することが、適切な治療のために大切です。
  1. 逆流性食道炎の治療

    東日本橋・久松町まつうらクリニック・逆流性食道炎の治療
    逆流性食道炎は、症状に合わせた内服薬で解消できます。
    但し、原因として食生活を含む生活習慣が大きくかかわっているため、再発を防ぐためにも、薬による治療とともに、要因となっている生活習慣の改善は欠かせません。

    内服薬としては、症状や粘膜の状態に合わせて、胃酸の分泌を抑制する薬をメインに、食道や胃の運動機能を改善して、胃酸を胃に押し戻す働きを助ける薬を用います。
    【生活習慣の改善ポイント】

    ■ 食生活
    ・脂肪分の多い食事、消化の悪い食べ物を控える
    ・アルコール、カフェイン、香辛料、強い酸味、甘いものを控える
    ・暴飲暴食、間食をしない

    ■ その他
    ・猫背や前かがみの姿勢にならないようにする
    ・禁煙・節煙する
    ・食後すぐに就寝しない(食後2時間以上経ってから)