大腸カメラ検査│東日本橋で病院・内科・外科をお探しの方は久松町まつうらクリニックまで

診療時間

アクセス

診療時間
10:00~13:00
15:00~18:00

:第2、第4日曜
休診日:木曜・土曜午後・第1、第3、第5日曜・祝日

COLONOSCOPY大腸カメラ検査

大腸ポリープcolon polyp

東日本橋・久松町まつうらクリニック・大腸カメラ検査の流れ 大腸がんになる可能性の高い大腸ポリープが発見された場合、
その場で、内視鏡を用いた切除手術を行うことができます。
  1. 大腸ポリープとは

    東日本橋・久松町まつうらクリニック・大腸ポリープとは
    大腸の管の表面は粘膜でできています。その粘膜細胞が異常に増殖して、イボのように隆起した組織を大腸ポリープといいます。大腸ポリープは大腸全域のどこにでもできる可能性がありますが、特に、肛門に近い直腸とS状結腸にできやすい傾向があり、大きさは数ミリから3センチ程度まであります。

    大腸ポリープは、ほとんどの場合、痛みや違和感がなくないし自覚できる症状がありません。そのため、気づいたときには進行し、重篤化しているケースが起こります。
    内視鏡検査であれば粘膜を直接観察できるため、小さなポリープや平坦な病変でも発見することができ、早期発見に有効です。
    【ポリープの種類】

    大腸ポリープは、その組織の種類によって腫瘍性と非腫瘍性に分けられます。このうち、腫瘍性の腺腫の発症が一番多くなっています。腫瘍性の線種は良性であっても、数年かけて進行し、その一部ががん化します。

    東日本橋・久松町まつうらクリニック・ポリープの種類
  1. 大腸ポリープの切除

    東日本橋・久松町まつうらクリニック・大腸ポリープの切除
    当クリニックでは、大腸カメラ検査で大腸ポリープが発見された場合、検査中にそのまま日帰り手術によって切除・治療することが可能です。
    ポリープの大きさ・形状・表面の色調や微細構造などから切除の必要性を判断し、内視鏡専門医である院長をはじめとした熟練の技術と高度な機器によって、苦痛がなく身体への負担の少ないポリープ切除を行います。

    検査の後日に手術を予定したり、入院する必要がなく、事前の食事制限や下剤の服用も検査時の1回で済ませることができます。翌日からはほぼ普段通りの生活に戻れるため、お仕事やご家庭への影響や負担を抑えることができます。

    ※病変のサイズや深さ、範囲によって、その場での切除治療のリスクが高いと判断される場合には、連携高度医療機関をご紹介いたします。
    【ポリープ切除の方法】

    内視鏡による大腸ポリープの切除方法は、病変の形や大きさに応じて複数から使い分けます。切除したポリープは回収して病理検査を行います。

    ■ポリペクトミー
    ポリープの茎にスネアという金属性の輪をかけて、高周波電流を流して切り取ります。茎のある形のポリープに用いられます。 東日本橋・久松町まつうらクリニック・ポリペクトミー
    ■EMR
    粘膜の下に薬液を注入し、病変を持ち上げ、スネアをかけて切り取ります。
    茎のない平坦な形のポリープに用いられます。 東日本橋・久松町まつうらクリニック・EMR